パパ・愛人のいてる生活

愛人関係がもつれ無いようにやるためには、お互いが感情を効果的にコントロールして第一線を引き、心の中はクールであることが必要です。
女の人の場合、金銭をくれるからとか洋服とか宝石かばんを買ってくれるという理由で愛人でいようと割り切った関係などでお付き合いする人が沢山いるかもしれないですね。
特に最近だと出会い系サイトなどでパパ募集をすればすぐにパパが見つかりますからね。
逆に男性のほうも、自身には妻や子供が存在するけれども、若くて可愛い愛人を金銭で手元においておくことで、若々しい気持ちを保てるといった方がいると思いますね。
万が一この愛人関係の中で、とめることのできない燃えるような恋愛感情に進展するとなるとは、2人で身辺を整理して、一緒になれば理想的なことだと言えますし、無理ならばあきらめるか、二人の恋は愛人のままで継続するかしかないのではないでしょうか。
どっちみち、愛人関係は、感情がのめりこみすぎると苦しくなるに違いありません。
よく見受けられるどろどろの不倫関係とは、また少し異なって、金銭や物で利害関係が成り立っていらっしゃるようなそういった印象が考えられます。
愛人を道徳的に悪いを説明すれば、もしも婦人の立場の方からしたらそうなることもあるでしょうが、永遠に分からないままでいれば何も傷つくこともありません。
感情が絡むため、ややこしくなるだけであり、まことにクールな関係性を積み重ねていれば、なんらトラブルもないのではないでしょうかし、逆に普通の恋人関係と比べても楽で面白いのかもしれないですね。
しかしながら、心からこの人が大事とかこういった感情は、さほど愛人関係には存在しないと思われます。
愛人の理想といったら少し変かもしれませんが、第一線を引き、お互い大人の愛人関係ということが理想かもしれないですね。

続きを読む≫ 2016/08/26 16:49:26

愛人は社会的クラスが高水準である方あるいはお金持ちの方などが作っていらっしゃる印象だと思います。
よくテレビの推理ドラマなどにおいて愛人の存在が浮上してしまうということがあり、おおむねが社長あるいは政治家といった愛人とされる傾向が多いんです。
それがあるので私は愛人といえば、階級のある方あるいはお金持ちの方などが思い浮かぶという理由です。
世間一般のサラリーマンが愛人を作っていたみたいに経験談は聞いたことがないですし、印象とそぐわない気がしているのです。
愛人とされる言葉の響きからして、誰にも知られてはならない公にはしない関係といった印象がします。
更に異なる印象として、愛人関係は愛では無く金銭などで繋がってあるといったことが考えられます。
お互いがお互いのことを好きということよりは、都合が良いので利用し合っているみたいな印象があるのです。
したがって本人に危機が及ぶ恐れがあるとすれば、簡単に相手を裏切るというようなことを容易にしそうです。
なんというかお互いが心を許し合っていない、いかなる時も緊迫状態のある関係を保っていると思われる認識となります。
だけどそういった関係って面白くなさそうだなと自分自身は感じます。
愛人ということが実際にそうなのかは分かりませんが、印象的には間違いなく面白くないではないかと考えます。
いつバレるともしれないプレッシャーあるいはスリルは体験することが出来るだろうと感じますが、私自身ならば心が磨り減りそうです。
女性の方が愛人になる要因の例として刺激が欲しいからと聞いたことがございますが、刺激が強すぎるような気がしています。
神経が図太く無いと愛人関係は成立しそうに無いなと考えます。

続きを読む≫ 2016/08/25 16:59:25

常識的にはは女性の人が愛人という形でさまざまな活動を行っているように考えられるでしょう。
その根本は個人の感情がそこに関わっていますから多様化していると思います。
愛人である方は都合が良いと思われているのですがこれに関しては勝手な想像だと思います。
実際のケースでは進んで愛人となって生活をエンジョイする方もいます。
ですからありふれた想像は愛人の具体的な真実とは異なるのです。
愛人になるケースでは確実に良好なパートナーが要求されます。
そのような出会いの場は本当にたくさんあってイベントなども存在します。
変わったところでは豪華なパーティーの場で自分にピッタリの愛人を発見することが見込めます。
望んでいるような男性と言われるものは財産があって性格も満足できるものです。
愛人になる女性はそのような男性の状態に惹かれているみたいです。
それに、理想という形で見られる男性にも愛人を作るだけの余裕があります。
ここで重要な点になっているのが男性が何故愛人を作れるかといったものとなります。
よその男性はクールで魅力あるように感じることがほとんどです。
何故ならば、とりわけ駄目なところは家庭だけにしか見せないという理由です。
このような現実の姿があって女性は望ましい男性に出会うのです。
それから、理想的なパートナーと愛人関係になって魅力的な時機を得ます。

男性は外の場合は良い面を行っているから女性に恥をかかせるということがございません。
現実に愛人という身分で望ましい男性も自宅では情けないことが考えられます。
愛人というのは良いところだけが映っていく関係にも思えます。
そういうのにときめくのは人としてはありふれた結果だと思います。
自分にピッタリの男性も様々な感情が存在するので愛人といった形で検証するのもいいではないでしょうか。

続きを読む≫ 2016/08/24 14:31:24

嫁はビックリするぐらい気が強いです。
更にすごく緻密なのです。
自分が追い求めていた結婚生活はこんなものではございませんでした。
それにもかかわらず、この頃では嫁にリードされて自分は嫁のいいなりとなっています。
それがストレスになっています。
という理由で自分は今愛人を囲っています。
好きな女性を愛人にしています。
これに関しては悪い事ではあるのですが、自分が非常に心地よい場所でもあると言えます。
愛人の元にいる事が、自分には普通でもあります。
嫁とは違った安らぎを実感するのです。
安らぎを提供しても頂けます。
更に癒されるのです。
そのような場所が欲しくて愛人を囲ったのかもしれないですね。
付き合って一年だと思いますが、いつ来ても凄く落ち着きます。
自分の好きなようにさせてくれて、わがままも言いません。
自分の好きなものを作ってくれたりします。

極めて落ち着く場所なんです。
しかし家に帰ったら、自分はまったく落ち着きません。
嫁にガミガミ言われて、不平をこぼされるのです。
そういった日常から逃げたくて自分は愛人を囲ったのかもしれないですね。
自分は愛人に金銭を渡しているのです。
金銭だけは自由になるのが理由です。
そのお金で自分の安らぐ場所を作ってもらっているみたいです。
したがってここについつい帰ってきてしまいます。ここにきて仮に彼女が別れると言えば、自分はすがるでしょう。
愛人というものは永遠に可能なものではないと理解しています。
しかし万が一この場所がなくなったら、自分はどうなるのでしょう。
などと考えると怖いので、愛人をいつまでも大切にしていこうと思います。

続きを読む≫ 2016/08/23 16:04:23